FC2ブログ
大橋家 日通との戦い
父は日通に追い詰められ、自らの命を絶ちました。これは父の名誉を晴らすため、日通の実態を明るみにし、次の犠牲者を出さないよう始めた、私達と日通との戦いを綴った日記です。10年2月15日に安全配慮義務違反を認定され、父の名誉を晴らす事ができました。これからは、労働問題で苦しんでいる人達と、今も日通と戦っている人達への支援を趣旨とし、運営をしていきたいと思います。
日通株主総会行動(2012年6月28日)報告
今年の日通株主総会は、尼崎アスベスト裁判の地裁判決と同日にしてきたので、日通が敗訴を予想して、そのことに触れられたくないからか?と勘繰ったところです。

当日の朝8時30分からJR新橋駅前で、東京のユニオンの支援を受け、人の洪水の中、9時過ぎまでビラまきとマイク宣伝をしました。

マイク宣伝は、ビラに書いてある

1. JPEX精算日通復帰ドライバー差別待遇問題

2. 王寺アスベスト補償裁判(大阪高裁勝利判決)

3. 尼崎アスベスト補償裁判(神戸地裁尼崎支部)

4. 定年退職後継続再雇用(エルダー)拒否不当裁判(大阪地裁)

5. いじめ、自殺、安全配慮義務違反など労災認定の闘い

の内容について、詳しく説明をして支援を訴えました。

始めは、出勤を足早に急ぐ人たちはパスしていましたが、“ペリカン便”“アスベスト”“定年退職”“年金”“いじめ”“パワハラ”“自殺”“労災”などの言葉がハンドマイクメガホンから聴こえ出してから、ビラを取ってくれる人が出てきたように思います。

その後、株主総会会場の日通本社に向けて歩き、道案内の日通社員にもビラを渡しながら、会場に着きました。そして、旗などを準備していると、警備員が「敷地内でしないで下さい」と排除しに来ました。以前は、日通本社前のごくわずかな部分だけが排除されていましたが、以前には出来ていた敷地にも、周辺の会社の警備だと言って、何社かの警備員が排除に来ました。日通前には「ビラまき禁止」などの立看板がしてありました。いつもと違う物々しさです。しかし、通行人がいますので、我々も通行人として振る舞い、ハンドマイクは肩に持って喋り、通行する人たちに動きながらビラを手渡しました。

10時前に、株主として二人が会場に入り、議長である渡邉社長がなかなか当ててくれませんでしたが、粘り強く挙手し、やっと発言の機会を得て、それぞれ日通の相次ぐ不祥事などは社員を大切にしないことが原因ではないのか?など4件、ビラに書いてある内容など4件ずつ合計8件の質問をして、12時に終わり会場を出ました。総会の雰囲気は、以前と違って「議事進行!」などの野次がほとんど無く、しっかり追求できました。ちゃんと聴いてくれる株主が増えていると感じました。その他の株主の質問として、「数年前に株主として出席しようとすると日通の支店から『少数株主は出席できない』と言われて妨害され、本社でも社員に入場を阻止された」と言う発言がありました。

外では、マイク宣伝とビラまきを続け、持ってきた大量のビラは、会場を後にする株主が会場内の発言を聴いて理解が生まれたのか、全部はけました。

その後、尼崎アスベスト裁判“全面勝利!”判決の知らせを聞いて“良かった!最高!”と肩をたたいて喜び合いました。
スポンサーサイト



株主総会報告
株主総会総行動の報告

2011年6月29日(水)の朝8時、JR新橋駅前で、東京のユニオンに支援を要請して来ていただいた仲間と日通労働者連絡会の大阪からの参加者とが合流し、真夏のように照り付ける日差しの中、洪水のように流れる人波にビラをまき、マイク宣伝を行ないました。

その後、場所を日通本社前に移し、株主総会に来られた株主や通行人に、ビラをまき、マイク宣伝を行ない、午前10時前、入場が始まり、日通労働者連絡会のメンバーが会場に入りました。

総会では、日通労働者連絡会のメンバーが発言し、萩尾計二取締役(総務労働、コンプライアンス等担当)がすべて答えていました。
答弁は発言に対しすべて否定をしました。しかしいつにもなく総体的に丁寧な答弁で、野次もなく総会出席者はじっくり聴いていました。

以下は、意見と答弁です。

1. 元出向ペリカン便ドライバー(SD)日通復帰者への差別待遇の件について

差別はあってはならない。日本郵便に不採用になった元SDはわずかにいることは承知しているが、差別はない。

2. 内部通報でパワハラとセクハラが一番多い会社体質の件について

パワハラは、社会全体で増えている。当社としては適切に対処しているし、なお一層、適切に対処する。

3. アスベスト問題について

王寺と尼崎のアスベスト裁判については、「安全配慮義務違反はなく、見舞金を支給する制度をつくった」という、日通の従前の立場を繰り返したのみ。

なお、川合正矩社長が会長になり、渡邊健二副社長が社長に、萩尾計二取締役が副社長になる(川合氏は、労務担当、大阪支店、渡邊・萩尾両氏は、労務担当、大阪支店長、の歴任者=川合新会長が院政を敷く大阪派閥の継続か?)などの役員ところてん式交代人事(シッポを振らない役員の左遷やトカゲのシッポを切るような切捨て人事?も)がありました。

11時20分頃、終了し、どっと退席者が日通本社から出てきました。そこでもビラをまき、殆どの株主の方々が取ってくれ、中には、話しかけてくれる人、「がんばって!」と励ましてくれる人もいました。大量に持ってきたビラは、すべてはけました

株主総会


日通株主総会における日通労働者連絡会の活動報告
 日通株主総会が2009年6月26日の午前10時から開催されるということで、日通労働者連絡会として、東京のユニオンの仲間からも応援をいただいて、総勢約20名が二手に分かれ、通勤客でごった返す朝8時より東京・新橋駅前で、横断幕を張りマイク宣伝のもとビラまきを行い、JR駅からの規制妨害にも負けず貫徹しました。そのあと合流し、汐留にある株主総会会場の日通本社前に行き、株主総会に出席する株主と日通の経営者に向け、午前9時から同じく横断幕を掲げビラまきマイク宣伝行動を行ないました。駅前も含めビラ5種類500セットを用意しましたが、「がんばれよ!」と声をかけてくれた株主もいて、あっという間になくなりました。

 日通労働者連絡会につながる仲間から4名の株主が会場に入り、職場のいじめ裁判などトラブルが多いこと、経営陣が起こした独禁法違反の問題、JPエクスプレスの経営が悪くなっていること、社長はそれらの責任を取って辞任すべきだ、などと発言。

 その日の夜には、日通と裁判をしている東京警送の原告らと会い、これから連携していこう!と硬い握手を交わし、有意義な交流ができました。

日通労働者連絡会の活動報告


日本通運株主総会会場前で抗議
日通株主総会抗議写真6月27日9時45分ゆりかもめ汐留駅前の日通本社ビルでありました。

管理職ユニオン関西 東京管理職ユニオン ネットワークユコオンは日本通運に対して、
安全配慮義務違反の責任を認め 家族に謝罪するように要求しました。

クリックして拡大して下さい。
日通株主総会会場前で抗議1

クリックして拡大して下さい。
日通株主総会会場前で抗議2

クリックして拡大して下さい。
日通株主総会会場前で抗議3

日通株主総会会場前で配ったビラ
株主総会会場前で配ったビラの内容です。
たくさんの株主の方がこのビラを受け取って下さりました。

クリックして拡大してください。
株主総会用ビラ

クリックして拡大してください。
株主総会のビラ2


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する