FC2ブログ
大橋家 日通との戦い
父は日通に追い詰められ、自らの命を絶ちました。これは父の名誉を晴らすため、日通の実態を明るみにし、次の犠牲者を出さないよう始めた、私達と日通との戦いを綴った日記です。10年2月15日に安全配慮義務違反を認定され、父の名誉を晴らす事ができました。これからは、労働問題で苦しんでいる人達と、今も日通と戦っている人達への支援を趣旨とし、運営をしていきたいと思います。
9月・10月 日通裁判の予定
9月の日通裁判の予定です。

「点から線へ」を目標に、一つ一つの訴訟案件は日通に取って、小さいからもしれませんが、みんなが協力して戦えば、きっとよい結果がでます。

事実、私たちが和解に至らなかったのも、日通弁護士が「他の裁判に影響するので、和解は難しい」と言っていました。

日通から受けた仕打ちをいろんな理由で我慢してきた方、私たちと一緒に戦いましょう。ぜひ、傍聴に来てください。力強い仲間が助けれてくれるでしょう。

日通偽装請負 第一回裁判
9月9日 大阪地裁809号廷10時

神戸うつ自殺安全配慮義務違反裁
9月11日 神戸地裁10時

尼崎アスベスト裁判
9月21日 尼崎地裁三階一号廷10時30分

日通SD労働契約違反裁判・控訴審 「結審」
9月25日 大阪高裁 84号廷 11時

全日通「言論の自由」侵害裁判 「判決」
9月25日 大阪地裁609号廷13時5分

大橋家安全配慮義務違反裁判 「結審」
10月19日 大阪地裁1010号廷10時

王寺アスベスト裁判
10月21日 大阪地裁1010号廷16時

ぜひとも傍聴下さい。
スポンサーサイト



家族を失った遺族の傷跡
長男です。

先日、弟が家に来たときに、「今日、朝母から電話があり、友達との出先で呼吸困難になり、倒れそうになった」という事を聞きました。心配になり、すぐに電話しました。呼吸困難は、その時の一時的なことだったので、今は安定しているという事でしたが、原因は一緒に居た友達の話だったそうです。

一緒に出かけていた母の友達も、旦那さんが自殺で失った方で、出先にその方の相談を聞いていたそうです。母は、いろんな相談を聞いているうちに、父が亡くなる前の状態、不安を抱えて生活をしてきた時のこと、そして父が亡くなったのを見つけた時の衝撃の場面がフラッシュバックしてきたらしく、だんだん呼吸ができなくなり、立っていられなくなったそうです。急いで、売店に行って、水を買い、たくさん飲み、安定剤(ときどき不安定な時に、医者より処方されているものを服薬しています)を飲んで、できるだけ楽しい事を考えるようにして、30分後にようやく正常な状態に戻れたそうです。

しかし、不安な気持ちは完全には晴れず、最近泥棒に入られて、大切にしていた父の形見の時計を盗まれて落ち込んでいる弟が心配になり、すぐに電話したそうです。

父を2006年の11月5日なくなってから、3年近く立ちましたが、まだ母が受けた傷跡は癒えておらず、今回のように、生々しい記憶と一緒にフラッシュバックしてきます。心の傷というものは時が癒してくれるといいますが、3年という短い月日では、遺族の傷を癒すには短すぎるのでしょう。

このブログで何度も書いていますが、私たちのような心の傷を持って生きていかなければいけない人はできるだけ無くしたい。

今回の事件をきっかけに、日通には正しい人の道を歩んでほしいと、切実に思います。
日通偽装請負裁判が始まります
 7月7日、アルバイト・派遣・パート関西労働組合の組合員M氏が、日本通運を相手取って、未払い残業代の支払いや長時間労働によって健康を害したことに対する損害賠償を求め大阪地裁に提訴しました。

 請求額は1900万円を超えます。

 M氏は、3年近く日通ペリカン便・アロー便の集配業務に従事していたが、契約の形式は孫受けの個人事業主という形になっていました。

 この度の提訴は、日本通運との間に黙視の労働契約が成立していたことして、その雇用責任を問うものです。

 第一回裁判が9月9日(水)午後10時~ 大阪地裁809号法廷にてあります。ぜひ傍聴のほう、お願いいたします。

日通偽装請負裁判

7月29日 王寺アスベスト補償裁判の模様
 7月29日(水)午後4時から大阪地裁1010号法廷で弁論が開かれました。

 被告側のニチアス・日通と原告側からの提出書面とこれからの提出予定について確認があり、次回の進行協議が9月28日(月)午後1時30分、弁論準備が10月21日(水)午後4時に大阪地裁1010号法廷でと決まりました。

 弁論終了後に、弁護士から次のように説明がありました。

* 今、お互い反論の応酬をしている。ニチアスの元社長(故人)渡辺は1960年代から肺がん情報を持っていて次の商品を画策していたという証拠を提出した。ニチアスは輸送を商社に頼んでいて日通に頼んでいないと言ったが、例えそうであっても港から工場へ運搬され被害者がアスベストの埃を吸っていた事実は変わらない。葛城労基署から当時行なったニチアスのアスベスト濃度の記録は「存在しない」と返事をしてきた。次々回、来年早々になると思うが、証人尋問に入りたい。日通から陳述書が出ている86歳の元従業員は高齢のため証人尋問には出て来ないと思われる。あと2人70歳代の元同僚には原告の方から証人尋問に出てくれないかと話しに行っている。ニチアスは証人を出さないし名前も明らかにしないでずっと事実を隠す態度をとっている。*

 そのあと、原告から「来年2月で2年を迎えます。こらからもご支援よろしくお願いします。」と傍聴者へのお礼があり、泉南アスベスト被害で闘っておられる方からも一言ありました。
「自殺原因はパワハラ」佐川急便社員の遺族が労災申請へ
長男です。

少し古いですが、ニュースでパワハラ自殺の記事を読みました。

=========================================================================
 佐川急便新潟店(新潟市)の男性係長(42)が自殺したのは上司によるパワーハラスメントが原因だったとして、遺族が週内にも新潟労働基準監督署に労災認定を申請することが分かった。同店の従業員約200人のうち、130人が会社に連名で原因究明を求める嘆願書を提出しており、115人がパワハラの実態を証言する文書を遺族に寄せているという。遺族側は労災認定を受けた上で、上司と会社を相手に損害賠償請求も検討するとしている。

 妻によると、男性係長は平成9年7月に入社。新潟店で配送ドライバーとして働き、19年9月に係長に昇任した。朝6時前に出社し夜は10時半に帰宅、休日も3、4時間働く激務が続いた。今年3月の人事異動で別の男性係長が課長代理に昇格してからパワハラが始まったという、、、、続きを読む

=========================================================================

注目すべき点は、「130人が会社に連名で原因究明を求める嘆願書を提出」で、ほとんどの従業員が会社に対して戦う姿勢を見せている所です。

私たちもパワハラの実態を証言してくれる現役社員の方を探していましたが、協力していただけたのは、すでに退職された方だけで、残念ながら現役社員の方には公式な形でのパワハラの証言はいただけませんでした。

もちろん私たちも現役社員の方が証言をするに当たってのリスクを重々理解していますので、協力が得られなかったとしても不満はありません。みなさんも私たちと同じように守らなければいけない家族があり、生活があるからです。

今回のケースは従業員が一丸となって会社に戦う姿勢を取っており、115人もの従業員がパワハラの実態を証言する文書を遺族に寄せています。

その後この事件がどうなったかわかりませんが、「点ではなく、線で動く」、このようにみんなが団結できればきっと良い結果がでます。

日通の体質を変えるためには大きな力が必要です。いつか、みんなで団結して行動が取れる日がくる事を切実に祈ります。
強すぎるアメリカの労組と弱すぎる日本の労組
長男です。今日はアメリカの労働組合について少し書きたいと思います。

先日GM(ゼネラル・モーターズ)が破産手続きが終了し、業務を開始しましたが、GMが破綻した原因として、定着している説は、「労働組合が強すぎたから」です。

ロジャー・ローウェンスタイン著「なぜGMは転落したのか---アメリカ年金制度の罠」で、著者は下記のように労働組合に最大の原因があったと指摘しています。

GMを破産の崖っぷちに追い込んだ最大の元凶は 巨額の会社負担を伴う手厚い企業年金制度と医療費(健康保険給付)である。 半世紀にわたる経営者・労働組合・政府という三者の無策と妥協によって膨れ上がった退職者へのコスト(レガシーコスト)即ち「退職者に対する年金と医療費の支払い」はGMの利益を食い尽くし 債務超過へ転落させた。

アメリカの労働市場において、労働組合が及ぼす影響力は強く、賃金、ベネフィット、雇用条件等に関する労使交渉だけではなく、下記のように、異なる分野での役割を担っています。

1.個別被用者の訴訟支援
2.医療保険の提供
3.取締役会への参加
4.政治資金

ユニークなのは4の政治資金で、民主党議員の集金マシンとなることで政治力を確保し、さらに従来の労組の沸く組を超えて、非組合員へのベネフィットを提供することにより、労組の活動範囲を広げています。

賃金交渉においてのストライキなど日常茶飯事で、数年前に私が経験した一番ひどいストライキは、ロス近辺の主な公共交通機関のひとつであるMTAのストライキで、このストライキは一ヶ月以上続き、その間MTAを利用していた人たちのほとんどが自家用車以外の代理の手段がなくほんとに困っていました。

私もこのストライキの間は、自家用車での通勤を余儀なくされ、おまけに、自家用車で通勤する人が多くなったためにフリーウェイ(無料の高速道路)は大渋滞でほんとに困りました。

このように、アメリカの労働組合の及ぼす影響力は強く、労働環境の改善というプラスの一面と、GM破綻の原因となったマイナスの一面があります。一概にアメリカの労働組合が日本の労働組合より良いとは結論付けはできませんが、経営者と癒着のために、会社の有利な方にしか活動できない、日本の労働組合よりはだいぶましだと言えます。

本来なら、アメリカと日本の違いに、一長一短あるはずだと言いたいところですが、日本の労働組合のいい所はなかなか思いつかないですよね?

もちろん、管理職ユニオンのように、どの企業に属さない、労働者を守るために組合は別です。このような組合が増えれば、日本の労働環境も改善していけれるのではないかと思います。


カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する