FC2ブログ
大橋家 日通との戦い
父は日通に追い詰められ、自らの命を絶ちました。これは父の名誉を晴らすため、日通の実態を明るみにし、次の犠牲者を出さないよう始めた、私達と日通との戦いを綴った日記です。10年2月15日に安全配慮義務違反を認定され、父の名誉を晴らす事ができました。これからは、労働問題で苦しんでいる人達と、今も日通と戦っている人達への支援を趣旨とし、運営をしていきたいと思います。
日通 神戸うつ自殺安全配慮義務違反裁判 第2回控訴審 の報告
 9月2日(木)午後1時15分から、第2回目の控訴審が大阪高裁81号法廷で開かれました。

 先ず裁判長から、陪席裁判官の交代の報告があり、書面の確認のあと「出尽くしましたかね?あとは判断するだけ、弁論終結します。」と宣告があり、次回は11月4日(木)午後1時10分に大阪高裁81号法廷で判決言い渡しとなりました。

 閉廷後、弁護士から次のような説明がありました。

 「日通には、最低限の(安全配慮の)義務がある。最高裁判例を踏まえて、最新の医学知見の学会文献から過去に言ってることをもう一度整理して敷衍した。和解勧告はなかった。仕事(業務)が合わなかった(現場の仕事から事務管理職に栄転異動した)のが原因で発症、休職後(異動後の)同じ職場に復職し、当然、再発。外部的要因を取り除かなかったのが悪い。〈それに対し、会社は、「そうとは限らない、本人の性格や家庭事情が原因と考えられる」と主張。〉精神学会では『注意深く観察し、適宜仕事の仕方を配慮しなければならない。』としているが、会社は、本人に仕事を与えず、疎外状態に置いた。何の配慮もなく極めて過酷な状況に追いやった。事実関係(問題・争点)は復職過程に絞られる。地裁判決は『健康を阻害してはいけないが、(病人を)面倒見る(積極的に配慮する)までの義務はない。』との不当な判決で、それに対し、学術論文で『日本人男性は、過労に続き、異動がうつ発症の原因になっている』とある。(うつ病を発症した職場ではなく)別の職場に行くと治ることが多い、本人も(ずっと元気に働いていた)現場仕事(異動前の職場)へ戻せば治ったと思う。」

 地裁判決が酷い内容だったので、ぜひとも高裁で跳ね返したいものです。

スポンサーサイト




カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する