FC2ブログ
大橋家 日通との戦い
父は日通に追い詰められ、自らの命を絶ちました。これは父の名誉を晴らすため、日通の実態を明るみにし、次の犠牲者を出さないよう始めた、私達と日通との戦いを綴った日記です。10年2月15日に安全配慮義務違反を認定され、父の名誉を晴らす事ができました。これからは、労働問題で苦しんでいる人達と、今も日通と戦っている人達への支援を趣旨とし、運営をしていきたいと思います。
日通エルダー(定年継続再雇用)不採用裁判
本来ならエルダー再雇用の初日だった9月30日の提訴から1ヶ月、初回期日が11月4日(金)午前10時30分大阪地裁610号法廷で開催されました。法廷は、25名以上の傍聴の支援で法廷に入りきれず、会社側は労担4名のフル出場でしたが肩身の狭い窮屈状態で、梅川さんに目を合わそうとせず渋い顔をしていました。

一人で担当する女性裁判官は、双方提出書面の確認のあと、次回期日を原告の森博行弁護士が「傍聴者が多いので次回も公開の法廷で」と要望し認められ、被告日通高野弁護士に「採用に至らなかった理由について12月9日までに書面を提出するように」と通告しました。

 閉廷後、工事中の地裁内を出て堂島川縁の広場に集まり、森弁護士から解説をしていただきました。「継続雇用が原則。日通は選別基準が客観的で明確なのに、梅川さんには『仕事ができない』『呼んだ日に来なかった』『総合的に判断』と曖昧。答弁書にも不採用理由がなく、次回理由を明らかにすることになった。最近、『原則、希望すれば再雇用しなければならない』との大阪高裁判決が出されている」

 支援者から、「当然の権利を主張して嫌がらせを受けている。10年程の後には定年で拒否される口、勝利して欲しい」などの声が出されました。

第2回期日

*12月16日(金)
*午前10時30分~

*大阪地裁610号法廷


スポンサーサイト




カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する