FC2ブログ
大橋家 日通との戦い
父は日通に追い詰められ、自らの命を絶ちました。これは父の名誉を晴らすため、日通の実態を明るみにし、次の犠牲者を出さないよう始めた、私達と日通との戦いを綴った日記です。10年2月15日に安全配慮義務違反を認定され、父の名誉を晴らす事ができました。これからは、労働問題で苦しんでいる人達と、今も日通と戦っている人達への支援を趣旨とし、運営をしていきたいと思います。
第3回、日通の嘘とごまかしに全面反論!
3回目の弁論が2月10日(金)午後1時から数分で終わることが分かっている状況でも多数の支援傍聴の方々が駆けつけ、3人の怪しげなマスクをした日通労務担当者が来ていました。

前回の弁論で女性裁判官から被告に今回期日の一週間前までに成績評価資料を提出するように指示して高野弁護士は提出すると言っていたにも関わらず今回期日が来ても提出がありません。

裁判官は被告に対し「原告の準備書面に対し事実関係を詳細に認否していただきたい」と指示したところ「過去の成績を調査中」と答えたので、「原告(梅川さん)の社内での立場、どういう仕事(業務)を与えていたのか主張して」と言われ、次回を3月23日(金)午前11時30分に、書面提出が3月16日迄と決定されました。

閉廷後、堂島川縁の広場で森博行弁護士から「〝仕事せん〟言うけど、する仕事がない。庄本倉庫に配転されてから1年半程は仕事があったが、顧客が撤退してからは仕事がなかった。倉庫番扱いされ1日1時間くらいの仕事でどうして業務評価できるのか。会社は成績評価書を提出していない。どんな仕事をさせていたのか明らかにせよと裁判官から言われていた。梅川さんは40年間疎外されよく頑張って来た」と解説があり、尼崎アスベスト裁判の支援者から「和解協議に入っているが、日通は難しい」、日通労働者連絡会から「ホームページを見てください」、梅川さんからは「森弁護士のお話や皆さんのご支援で今日の天気のように晴れ晴れした気分です」と笑顔がこぼれていました。

第4回期日

3月23日(金)午前

11時30分

大阪地裁
スポンサーサイト




カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する