FC2ブログ
大橋家 日通との戦い
父は日通に追い詰められ、自らの命を絶ちました。これは父の名誉を晴らすため、日通の実態を明るみにし、次の犠牲者を出さないよう始めた、私達と日通との戦いを綴った日記です。10年2月15日に安全配慮義務違反を認定され、父の名誉を晴らす事ができました。これからは、労働問題で苦しんでいる人達と、今も日通と戦っている人達への支援を趣旨とし、運営をしていきたいと思います。
2012年5月29日・王寺アスベスト裁判・大阪高裁判決
 判決は4月19日の予定でしたが、5月29日に延期されました。

  判決当日、午後1時15分、大阪高裁82号法廷において、被告側に日通1名とニチアス1名
の弁護士、原告側に原告2名と弁護士2名が着席し、多くの支援の傍聴者が見守るなか、判
決が言い渡されました。「原告、被告ともに棄却、ニチアスの敗訴部分取消し」と言うも
のでしたが、具体的に何がどうなったのかよくわからないので、「棄却」と「ニチアスの
敗訴部分取消し」の言葉で、法廷は重苦しい雰囲気になりました。

  閉廷後、原告弁護士がマスコミの取材に応じ、同階の待合室で支援の方々に対する報告
会がありました。

 まず弁護士からの解説

「3つ控訴していて、原告は控訴棄却、日通は控訴棄却、ニチアスは控訴認めるにな
った。判決内容【粉塵が飛散しているのに日通は安全配慮を怠った。ニチアスは雇用関係
がないから日通と同じ責任は生じない、ニチアスとは指揮命令関係がない、専用机は運行
上じゃない、作業立会は事務作業で日通の指示。日通は危険性を認識、日通社員として行
動、ニチアスの支配下で仕事しているのではなかった。本人は少量曝露でありニチアスが
危険性の認識が可能だとは認められない、当時は工場への出入りにも安全配慮義務を負
っていたとは認められない、有害性・危険性を“発がん性”と言わなくてもわかるだろう。
本人は衛生管理者で社労士資格があったから10%の過失相殺(原審を維持)】。1審は
『日通もニチアスも連帯して責任ある』と判断したが、2審は『ニチアスに責任なし』。
トータルの賠償額は変わらない(日通が判決賠償額全額の支払義務を負う)」

 そのあと原告から
姉「ニチアスが責任ないとはショックです。最近の判決から高裁の壁は厚いと感じまし
た」
妹「まったく全面敗訴するんではないかと不安で、4年のうち最後の1年がきつかったで
す」
 
〔筆者の高裁判決を受けての感想と独白〕
  ニチアスとは雇用関係がないから責任がないとするならニチアスは自らの工場で働く下
請労働者や出入り業者の労働者の健康など考えなくて良いことになります。駐在の日通社
員は顧客であるニチアスの指示命令を聞いて指示通り作業手配し自らも事務や作業立会い
だけでなく作業を手伝って働くのが実態で、ニチアスの直接雇用労働者に比べても最もニ
チアスの顔色を見ながら従属して長時間拘束されニチアスには安全配慮など必要なものを
何も要求できず働いています。高裁判決はこの当たり前の理屈と労働実態を理解しない不
当な判決です。ニチアスの責任を認めた地裁の判決が常識ある判決だっただけに残念で
す。
この記事に対するコメント
悲しみ
転職した元上司が自ら命を断たれて数年たった今、原因がパワハラだったことを知り、やるせない気持ちで偶々このブログに至りました。
お父様も私の元上司も大切な家族を残して自ら命を絶たねばならない状況に至った時の胸中はどれ程のものだったか、考えるだけで涙が止まりません。
人の尊厳より企業の理論が優先するこんな社会は間違っています!  
【2012/06/11 08:58】 URL | サラリーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hohashi.blog36.fc2.com/tb.php/336-20cffb20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する