FC2ブログ
大橋家 日通との戦い
父は日通に追い詰められ、自らの命を絶ちました。これは父の名誉を晴らすため、日通の実態を明るみにし、次の犠牲者を出さないよう始めた、私達と日通との戦いを綴った日記です。10年2月15日に安全配慮義務違反を認定され、父の名誉を晴らす事ができました。これからは、労働問題で苦しんでいる人達と、今も日通と戦っている人達への支援を趣旨とし、運営をしていきたいと思います。
日通 代表取締役 川合社長への手紙
日本通運株式会社
代表取締役 川合正矩 様

謹呈

 突然のお手紙で大変失礼致します。

 私は、御社の日通旅行大阪支店に平成18年11月まで勤務しておりました大橋均
の妻です。

 去る6月20日、社長様宛てに“お願い”の文書をさし上げました。しかし、私に
とっては非常に残念で悔しいことですが、社長様が私との面談を断るというものでし
た。それも社長様よりでなく、代理人弁護士様からのものでした。

 ご存知かどうかわかりませんが、私の夫は、昨年11月5日に自ら命を絶ちました。
月日が経つのは早いもので、それから7ヶ月が過ぎています。

 夫は、貴社に19歳で入社以来、37年7ヶ月にわたって誠実に会社のために勤め
てまいりました。時には、家族のことも犠牲にしながら身を削って尽くしてまいりま
した。

 社長様は、私の夫のこと、夫が自ら命を絶ったことをご存知でいらっしゃいますで
しょうか。また、私や子供たちが、夫に対し御社のとってきた過去の態度や、夫が命
を絶った直接のキッカケとなったささいなミスへの上司の厳しい叱責の事実に憤り
をいだいている事をご存知でしょうか。

 もし、ご存知でなかったなら、速やかに詳しい調査をされ、御社として再発防止に
取り組んでいただきたいと思っているところです。

 少し経過を述べさせて頂きます。

 夫は、C型肝炎を患いながらも、多忙な業務に責任を感じ通院治療を続けながら仕
事に責任を持って努めてまいりました。遠方への単身での転勤・出向で思い切った長
期治療も踏み切れませんでした。

 勤続35年目の平成16年、C 型肝炎の治療を受けている医師から、治療の最後の
機会ですといわれました、私もぜひ入院治療をして欲しいと夫に頼みました。その事
を夫が上司にお願いしたところ、「なんでこの時期に休むのか」と問い詰められまし
た。退院後の自宅静養時に、夫は会社に迷惑をかけたので早期復帰に向けて会社にで
向きました。その折、職場復帰後「半年の通院治療をするなら、身を引いたらどうや」
と厳しい言葉で退職勧奨を受けたと、私は夫から聞かされました。こうした時期、夫
は精神的にも追いつめられたようでうつ病と医師から診断されました。

 御社として、病気を持ちながらの社員である私の夫への様々な配慮、法的には「安
全配慮義務」というそうですが、その事を果たされたのでしょうか。私と家族は、御
社が「安全配慮義務」を怠っていたのだと考えています。

 また、私の夫が命を絶った日、私は一人で呆然と放心状態でした。それでも、警察
の方から「ご主人のことは会社も関係があるから、電話をしておいたほうがいい。」
と言われましたので、私は電話をしました。この日、会社の島田課長さんらが自宅に
来られました。その場で、お悔やみを言うこともなく、ミスの「基本的な責任はご主
人にある」との発言をされました。夫が命を絶ったことで、退職となりほっとした様
子で、その責任は主人自身にあると強調したかったのかと、後から振り返って思いま
した。同行の中角さんは、退職の話までされました。翌日には、島田課長さんから電
話があり、退職手続きの書類を持参したいと、私にしつこく求められました。

 夫の葬儀の段取りも決まっておらず、アメリカにいる2人の息子の帰国日も決まっ
ていない中で、私が動転していたにもかかわらず、何の配慮もありませんでした。
その上司の方は、仕事上の退職手続きの事務処理かもしれませんが、私にとっては
夫の死に呆然とし、夫を支えられなかった自責にもさいなまれていた時だったのです。
こういった私や家族への配慮をしない夫の上司らの態度に、御社の社員を人としてみ
ない体質を垣間見ました。

 社長様はどうお考えでしょうか。

 さる5月29日から6月4日まで展示会「私の中で今、生きているあなた」が大阪
で開催されました。過労や職場の心労からうつ病になり自ら命を絶った50人の遺書
や家族の写真を集めた展示会でした。私の夫、大橋均の仕事上でのトラブルや、業務
現場でのプレッシャーなどが書かれた日記、本人の写真も展示されました。この写真
展は、大きく世間に取り上げられ大きな反響を呼びました。

 今回、東京においても6月30日から7月4日まで同様の展示会が行われています。

 社長様にもぜひご覧いただきたいのです。

 社長様の判断・決断で、私たち家族や、日本通運株式会社とその関連会社に働く従
業員に転機が訪れることを願っております。

 お返事をお待ちしています。

平成19年6月29日
大橋錦美

この記事に対するコメント
日通の役職は自分の事しか・・・
こんばんわ。ブログを拝見しましたDNです。日通は社長が会社全体をきちんと把握しようとする
意識が無いからきっとその下の人間が自分達の事を守る為に好き勝手遣るのでしょうか?
会社の為にどんなに一生懸命働いている社員でも、少しでも気に入らないことがあれば・・・すぐに
目の上のたんこぶになってしまうんです。そして日通は認めていませんがパワーハラスメントを始めるんですよね。私の働いていた営業所は係長の新人いじめがすごかったです。言葉の暴力は酷かったです。課長達はそれを聞いていても、係長には注意しません。今大橋さんの件に関して日通はそう言った事を認めようとはしていないようですが・・・我々にできることがあれば協力します。日通のパワーハラスメントで退職した人・現に今心療内科に通院していて休職してる人もいます。私は日通を退職しても今だ日通の社員とも交流があります。皆に連絡して証人になってもらいましょう。頑張ってください。今日インターネットで日通の事を検索していたところ・・・反貧困でつながろうの中に大橋さんの件でこんなブログを見つけました。

2007年07月31日
退職強要で自殺」元社員の遺族が日通を提訴
「退職強要で自殺」 元社員の遺族が日通を提訴
朝日新聞 2007年07月31日00時15分

 日本通運(本社・東京)の男性元社員が自殺したのは、会社に退職を迫られたのが原因だったとして、妻ら遺族3人が30日、同社に逸失利益と慰謝料計4800万円余りの損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。
 肝炎悪化→退職強要→うつ→首つり自殺。病気になった社員はゴミですか?

本当にその通りですよね・・・皆で協力します。裁判でも我々のされてきた事・言葉の暴力等
証言しますから頑張ってください。
【2008/02/14 02:42】 URL | DN #- [ 編集]

ご協力の手を差し伸べて頂きありがとうございます
DNさんのように人のために、そして社会のために手を差し伸べようと思う方は
本当に少数です。 そして私達にはそんな温かい言葉だけでも力が沸いてくるんです。

文章から察すると、元日通社員、または現役日通社員の方だと思いますが、
もし本当にお力を貸して頂けるのなら、本当心からお願い申し上げたいと思います。
法廷で証言が必要な場合は、ぜひお願いさせて下さい。
本当にありがとうございます!
【2008/02/16 13:23】 URL | 大橋 和正 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/03/19 10:15】 | # [ 編集]


日本通運社長へ
  自殺遺族は半端でない苦しみを背負います。
  お願いです、
  この悲しみ」をこれ以上広げないでください。
【2009/02/27 07:01】 URL | 自殺遺族 #- [ 編集]

日本通運は反社会的組織
元日本通運の社員ですが、日本通運の悪質性は反社会的団体と呼ぶにふさわしいです。日本通運の違法行為、反社会的行為には目に余るものがありますが、上部組織の連中が腐敗しているので、まっとうな企業になるように改革することは難しいでしょう。日本通運は、日本だけでなく、海外法人でも元社員や社員の遺族から訴訟を何度も起こされました。例えば、米国日本通運では、社員がパワーハラスメントを受けた上に、自殺に追い込まれました。
【2009/07/02 22:22】 URL | 元日通社員 #Xpt5RFUk [ 編集]

日本通運社員の自殺
退職勧奨(肩叩き)も、リストラする企業の側からみれば、一度リストラ計画を立てたら、目標人数に達するまでは多少の強引さはあっても目標達成のために実施し続けると思いますが、かといってあまりにもその退職勧奨行為が露骨で執拗な場合は、不法行為として責任をとらされることになりますし、当該リストラ候補者がメンタル不全になったあげく自殺してしまったのは、その行為にも行き過ぎが合ったのではないかと思いますが、裁判所はどのような判断を示すのでしょうか
【2009/10/05 04:08】 URL | #- [ 編集]

日本通運の不法行為/違法行為
日本通運に勤務していましたが、一般社員はゴミのようは扱いを受け、幹部社員のみ優遇されていました。日本通運は、コンプライアンス(法令順守)を唱えていますが、日本通運内部では、違法行為に溢れ、コンプライアンスは全部嘘偽りです。
一般社員も、会社や上司に不満を持っているものが多く、現場では、顧客企業の(精密製品で乱暴な扱いは禁止のシールが貼られている)荷物を平気で2m位投げて仕分けしていました。顧客企業には大変申し訳ないですが、一般社員は愛社精神の欠如から投げやりになっていたのかも知れません。
日本通運は腐敗した組織なので、自浄はできないでしょう。日本通運を解体し、腐敗幹部は全て一掃される必要があります。
私は日本通運の顧客企業に日本通運の実態(顧客無視のカスタマーサービス、顧客企業の荷物の乱暴な扱い等)について、内部告発の手紙を送り続けていますが、その内の数社は日本通運と取引を辞めました。
【2010/01/06 23:45】 URL | 元日通社員 #z6Z3AaK2 [ 編集]

日本通運に対する株主代表訴訟
日本通運の経営陣のお粗末な経営能力により、多くの(元)日本通運社員から訴訟を起こされ、訴訟に莫大な費用が掛かっているので、会社に対して損害を与えていると言わざるを得ない。ひいては日本通運の株主に対して損害を与えているのと同様であるため、株主は、日本通運の経営陣に対して、株主代表訴訟を提起すべきである。
【2010/01/07 00:10】 URL | 原告 #pkaogA.k [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hohashi.blog36.fc2.com/tb.php/37-c289254e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する